症状と対策

医者

更年期障害の症状は、加齢によってエストロゲンの分泌が出にくくなって、脳に混乱を来たすことから起こります。こうしたことにならないように、ストレスを感じる環境を自分で作らないようにしましょう。スポーツや趣味に打ち込むことも重要です。

不調のいろいろな原因

女性

更年期障害の発症にはいろいろな要因があります。ホルモンバランスの悪化、精神的ストレスなどです。更年期でもないのに、30代で更年期障害になる人もいます。ストレスを感じる生活を送っていてもそれを発散する機会を持ちましょう。

自律神経症の1種

女性

更年期障害は自律神経症の1種です。加齢によって自律神経に悪影響をもたらすことが原因です。厳密にいうと、女性ホルモンのバランスの乱れによって、身体の不調をもたらすのです。もちろん、加齢だけが原因ではなくストレスも大きな要因になります。

長引く体調不良への対応

早期受診の利点

医者

普段の生活の中で些細な体調不良や症状が出たとしても、軽い間はそれを放置しがちです。しかしそうした症状の中には、根本的な治療が求められるケースもあり得るとされます。更年期障害もそういった見過ごされやすい症状を現すタイプの病気で、軽い異常が長い間続く場合には、なるべく早めの受診が重要だとされています。更年期障害では主に30代以上の人が発症しやすく、体内のホルモン分泌の狂いが原因だとされます。その自覚症状の大半は発熱や疲労感、心理的な不安定さといった日頃の生活で比較的起こりやすいモノだとされます。しかし更年期障害は放置すると、ホルモン分泌が上手く行かない状態が続く事で症状が悪化する場合があるため、注意が必要とされます。また更年期障害に似た症状を引き起こす、早期治療が不可欠な他の病気が隠れているケースも挙げられており、念のために受診する方が良いとされます。

主な対応の種類

更年期障害の治療では重度の場合であれば一般的に、ホルモン分泌状態を改善するための対処が行われるとされます。具体的には体内で減少したホルモンを補うホルモン療法や、更年期障害への有効性が認められた漢方薬療法が挙げられます。また睡眠障害など個人の症状の程度によっては、それに応じた対症療法が行われるともされます。しかし通常、一般的に誰しも起こり得るとされる軽度の更年期障害であれば、日常生活習慣の改善を主にしたセルフケアによって様子を見る事が多いともされます。あるいは心理的な原因が大きいと判断された場合には、カウンセリングを主体にした治療がなされると言われています。いずれにしても早期受診によって個人に合った治療方法が判明すれば、それによって症状の緩和も見込みやすくなるとされています。