症状と対策

症状と要因

医者

更年期障害の症状というものは、非常に多岐にわたっています。だるさを感じる、疲れやすい、関節に痛みを感じる、耳鳴りがする、イライラや不安を感じるなどです。このように体中のあちこちでいろいろなトラブルが起きるのが、更年期障害の特徴です。もし40歳以上でこうした症状があると、更年期障害を疑ってみると良いでしょう。こうした不調の原因は何に由来するのでしょうか。これは加齢によってエストロゲンが出にくくなることが原因です。脳の下垂体と呼ばれる部分がエストロゲンの分泌を促すのですが、エストロゲンが出にくくなると、下垂体は次々と分泌すうよう指令を送ります。しかし、分泌はされないので、脳は混乱状態になり、体に不調が起きてしまいます。

更年期との付き合い方

更年期障害は更年期の人たちにとっては非常に大きな問題です。そのため、更年期をいかにうまく過ごすかが大切になってきます。そのため、ここでは更年期障害を引き起こす原因を取り除くための心がけをいろいろと紹介していきます。ストレスを感じる環境を作らないことです。ストレスを感じていると、心身ともに不安定になりがちになります。症状も悪化してしまいます。したがって、ストレスとうまく付き合うのが最も重要に成ってきます。更年期の期間は不安の状態ですごすのではなくて、趣味に高じたりスポーツをして体を動かしてリフレッシュすることが大切です。もちろん、更年期障害と思っていたら別の病気であることも多いです。何か違和感を感じたら病院に行くようにしましょう。